ユメタスコンサルティング

 

なんとなく不安な気持ちで経営してませんか?

 

 

服部光雄

たとえ決算書が読めなくても、決算書からたった7つの数字を拾い出すだけで、分かりやすい図を描くことができます。

 

お金の全体像と儲けの仕組みを、ビジュアルでイメージとしてつかむことができる、簡単な図が作れるようになるセミナーです。

 

この図を使うことで、「経営判断に必要なツボ」をおさえた経営ができるようになるのです。

 

「経営判断に必要なツボ」をおさえるには?

経営判断に必要なツボ、分かりますか?

「なんとなく、これくらいなら・・・

  でも大丈夫かな、なんとなく不安・・・」

大半の中小企業では、決算や確定申告が終るとほっとして、通常業務に戻ります。

 

税理士に決算書や申告書の作成を依頼しても、
これを経営を発展させるヒントにしている社長は、ごくわずかです。

 

「数字は苦手だから…。」

「決算書の説明を受けても難しくてよくわからない…。」などと敬遠していませんか?

 

もしくは、

 

・今期は交際費が多かった。

・わずかでも黒字になったから良かった。

 

程度の振りかえりで終わってませんか?

  • 黒字だけれど、あといくら儲ぐと借金体質から脱け出せるのか?
  • 給料を3%上げるには、いくら売上を増やさないといけないのか?
  • この設備投資は、いくらでモトが取れるのか?
  • 資金繰りを楽にするには、どう対処すればいいのか?

 

このような「経営判断の基準」が、ある簡単な図を描くことで手に入ります。

簡単にいうと、決算書から7つの数字を拾い出すだけで描くことができるのです。

 

たとえ決算書が読めなくても、お金の全体像と儲けの仕組みが、
ビジュアルで、イメージとして、つかむことができるようになるのです。

 

この簡単な図を使うと、
「経営判断に必要なツボをおさえた経営」ができるようになります。

 

これを『超★ドンブリ経営』とよんでいます。

 

例えば、次のような問いに答えられるようになります。

  • Q1
    粗利率が1%アップしたとき、利益はどれだけアップするか?
  • Q2
    全商品を5%値上げしたら、利益はどれだけアップするか?
  • Q3
    仕事の効率が2倍にスピードアップしたとき、
    利益はどれだけアップするか?
  • Q4
    労働分配率50%の会社で、売上が目標の150%の好成績だった。
    社員はいくら儲かり、会社はいくら儲かるか?
  • Q5
    月10万円の広告費を使う。最低いくらの売上アップが必要か?

「なんとなく、これくらいなら・・・

  でも大丈夫かな、なんとなく不安・・・」

 

という、いわゆるドンブリ経営から、

 

経営数字の裏づけのある、根拠のある経営判断

 

『超★ドンブリ経営』を始めてみませんか?

 

セミナーの詳細

ストラック図で的確な経営指標を

服部光雄

たとえ決算書が読めなくても、
お金の全体像と儲けの仕組みを、ビジュアルでイメージとしてつかむ、「ストラック図作成講習会」を開催します。

 

このストラック図を使うと、
「経営判断に必要なツボをおさえた経営」ができるようになります。

 

 

会社のお金の全体像と儲けの仕組みを
ビジュアルでイメージとしてつかむ講習会

 

【日時】

  平成27年2月21日(土) 14時00分〜16時00分

 

【会場】

  〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目12番13号

  新宿アントレサロンビル 2F 会議室A

 

  東京メトロ丸ノ内線・副都心線

  「新宿三丁目」C8出口 徒歩1分

 

【定員】

  6名 (最少開催人数2名)

 

【講師】

  経営コンサルタント・税理士 服部光雄

 

【参加費用】

  5,000円(当日集金します)

 

【申し込み期限】

  2月18日(水)

  (終了後希望者で懇親会をします。)

 

【主催】

  株式会社ユメタス

  東京都中央区銀座7丁目13番6号

     サガミビル2階  03-6869-9471

 

 

お申込みは今すぐこちらから

 

 

 

末筆になりましたが、
貴社の経営が、より豊かで、実りのあるものになることをお祈りいたします。

 

 

服部光雄